2021/05/02

メソッド側、2-B~2Dまでクリア。大ハマりは無く。

こんばんわ、凡そ1週間ぶりでしょうか。ピアノマーベルの記事は2週間ぶりかな。

2-Bから始めようやく2-Dまでクリアしたので、一旦ブログに残しておこうと思います。
今回も最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

まず2-B ですが、ぷちハマり曲は…ありました。これです!

演奏回数12回は大したハマりではありませんね…

グリーンスリーブス、聞けば「ああ!あの曲か!」という程有名な曲ですね。


参考までにYoutubeのリンクを張っておきますが、当然この方はほんしょ…中学1年生とあります。マジか…。

そ、それは兎も角、こんな高度な事がピアノ2か月目の私に出来るわけもなく…。もっと初心者向けにアレンジされたバージョンでしたが、それでもクリアまでに12回…ちょっとだけ苦労した曲でした。

以前にも書きましたが、この「ゆっくりと」というのが中々の曲者で、テンポを遅くして曲に慣れるのは大事だと思うのですが、曲によっては難易度が逆に上がってしまいます。
今回もそのパターンでしたね。素敵な曲なのでそれ程気持ち的に辛いという程ではありませんでしたけど。。

次!2-Cですね。

実は2-Cではさほどハマりませんでした。最大でも7ハマり…。7ハマりなんてハマりのうちに入りませんからね(白目

いや本当に、10を超えて初めて「ヤバいかな…」と思い始めるのです。まぁ中には42ハマりした聖者の行進なんかは「出来るわけがない!」と何度もさじを投げそうになりましたから。
7ハマり?ちょっと躓いたかな?というレベルです。

最後2-Dですね。

ここも再度確認したのですが、2-Cと同じく最大で7ハマり。確かに少々詰まったかな…と思う事はあったのですが、「あ…だめだ、コレ…」と感じることはありませんでした。
まぁどの曲もどの曲もそれなりには苦労して進めていて、初回でクリアする事は殆ど無いんですけどね…。

 

という事で、2-Dクリア記念に画像でも。

2-Dクリア 中途半端感が拭えない…

ちなみにちょっと気になって確認したら、4月からピアノマーベルを始めて4月の演奏時間は230分。4時間もやっていない計算になるんですね。。週末1時間ならそんなものか…。もっとやってる気になっていたけどな…。

ゴール設定はしていません

5月はGWがあるからもっと伸びる気がするな…。それに4月は機材も環境も揺れていたしな…。果たしてどうなりますか…。

折角だから、今後もこの辺りの振り返りはして行きたくて、ピアノ未経験のおっさんでも、この位時間を掛ければこのレベル位までは行ける…そんな事をお見せ出来ればと考えています。

本当は1-Aがどのくらいかかった、2-Bがどのくらいかかったと事細かに判れば最高なんですけどね…。残念なことにピアノマーベルのレポート機能ではそこまで判らない…。

まぁ色々試しつつ、更に進めて行きます。
引き続きどうぞ、宜しくお願い致します。

2021/04/25

鍵盤の配置問題、手前か奥か…

こんばんわ、お久しぶりです。

今回は、自身の環境を少し変えたのでその事についてお話ししたいと思います。
皆さんは自身の環境で、キーボードと鍵盤、どちらを手前に置くか、奥に置くか悩まれたことはありませんか…?

私は、今までは 鍵盤を手前、PCのキーボードを奥に配置し、使わない時は鍵盤を取り外し、壁に立てかけて保管していました。

オーソドックスな鍵盤手前側、キーボード奥側の配置

 

この方法ですと、鍵盤さえ机から外し立てかけてしまえば、元のPC操作感と変わりませんし、演奏する分には手前に鍵盤が来るので非常に具合が良かったのですが、進めて行くにつれ実は色々と問題が出てきました。

 

まずは単純にメンドクサイ。。。

出来れば毎日鍵盤に触りたいと思っているのに、一々壁から鍵盤を机の上に置き、USBケーブルをさし、電源を入れる。。。

こう聞くと大した手間ではないように思えるのですが、仕事から帰って「疲れたな…でも、鍵盤を弾いて軽くでも練習するか…」と考えた際に、どうしても「今日は良いかな…」と思ってしまう事が多々あるのです…。

次に(こちらが大きな問題なのですが)、DAWの操作がやり辛い。

以前のエントリーでも上げているように、現在Cubaseを使用しているのですが、Cubaseの使い方としてALTキーを頻繁にOnOffするのです。Onしてクリックすると鉛筆モード(打ち込み)、Offにしているとカーソルモードという風に。

写真を見ると判るのですが、トラックボールは無線で手元に置けてもキーボードは肘を伸ばし、手を伸ばし操作する…。これが地味に疲れるのです。。ハッキリ言って集中できない…。左手はピンと伸ばし、右手はせわしなく手元で動かす…そんなイメージです。

 

色々試行錯誤の結果、思い切って逆側…キーボード手前、鍵盤奥の配置にする事にしました。

実は私のPCはノートPC。机の上に置いてあるので当初はこの上に直接置くことも考えたのですが、鍵盤で演奏もするとなると不用意に力が入ることもあるので、液晶や本体を思わず壊してしまう事がありそうです。
となると、PC本体を上手に跨ぐような足を鍵盤に付けないと、PCのある奥側に置けません。

 

これまた色々調べた結果、通販で桐のブロックが売ってましたので、こちらを2個購入し、橋げたの要領でPC本体を鍵盤で跨がせる形にしました。

たまたま良さげな桐のブロックを見つけました 軽くて良い

 

 このブロックをPCを挟むように設置…こんな感じです。

桐のブロック二つ PCは台の上に載せています

こういった形ですね。そして、この上にキーボードをドン。

キーボードが手前、鍵盤が奥

思い付きで試してみたのですが、これはこれで意外にしっくりハマりました。

ご覧の通り、これで手前にキーボードとトラックボールが来るのでDAWの操作性は格段に向上し、作業も格段にやりやすくなりました。

また鍵盤も少々手元から離れてしまいましたが、手が届かないという事もなく、 打ち込みで音を探すぐらいであれば、全く問題ありません。

う~ん、これであれば、今一つ使い辛いトラックボールから、元のマウスに戻しても良いかも知れませんね。設置場所が小さくて済むという事でトラックボールにしたのですが、やはり操作性という意味ではマウスの方が格段に操作しやすいですし。

 …

気になるのは、上でも挙げていますが、鍵盤の位置が以前よりも10cm程高くなっていますので、鍵盤練習にどの程度影響が出るか…。まぁ非常にテクニカルな曲は難しいのでしょうけど、私レベルではまだまだそれ程でもないかも知れません。
後、キーボードが有線なので軽い食事等の時に邪魔になる事。まぁ多少ならキーボードの下に隠れますけどね…。

さ、これでまた少し、自身の環境が良くなりました。
そろそろDTMで曲を1曲仕上げたい所です。

2021/04/18

メソッド側、2-Aクリア。聖者の行進が酷すぎた…。

こんばんわ、お久しぶりです。

さて今回もピアノマーベルについてです。よろしくお願いします。

前回でテクニック側のレベル1を制覇したので、これでメソッド側とテクニック側両方のレベル1をクリアし、レベル1は完全クリアとなりました。

今回からまたメソッド側に戻り、今度はレベル2を攻めていきます。

まずは結論から申し上げると…無事にメソッド側のレベル2…の「A」をクリアしました🎵

メソッド側2-Aクリア

ん?メソッド側のレベル2をすべてクリアしたのではなく、その中の「A」をクリアしただけ?

実はそうなのです…。レベル1とは違い急激に難しくなった(と私のレベルでは感じる)レベル2。当初の計画ではメソッド側全てをクリアしてからブログに書くつもりだったのですが、メソッド側全てをクリアしてからブログを書くとなると、次の記事を書けるのが何か月先になるか判らない…と思う程に難しく感じ、急遽このタイミングでブログを更新することにしました…💦

その中でも、ひっじょ~に時間のかかった曲が…これです。

演奏回数…42回…だと…?

聖者の行進(ゆっくりと)。暫くこの名前は忘れないでしょう…😿

まぁ何せひじょ~に嫌らしい曲で、左手の和音がずれて記録されるのは当たり前。このゆっくりとというのが、実はテンポを間違えやすく、微妙に忙しい左手と今一つ覚えにくい右手と組み合わさって悶絶必死。。特に最終小節の嫌らしさと言ったらない…。

楽器は何でもそうなのかも知れませんが、スローテンポの曲は自分のリズムと合っていないと、極端に難しくなりますね…。速い曲よりも断然…。

なお90点以上はそれなりに取れていたんです。でも100点(パーフェクト)となると、まぁ遠い遠い…ひたすら練習しました…。

凡そ、苦節2時間ぐらいでしょうか…。2時間同じ曲にダメ出しされながら、ひたすら繰り返すのは中々に心折れる…。通常は凡そ5回以内にはクリアできるので、42回目にクリアしたときは思わずガッツポーズが出てしまいました。

多分ね、多分ですよ?
ピアニストは多分ドMだと思う…ピアニスト ドM説を提唱します。

(本音で)100%なんて目指さなくていいんじゃね?と何度も何度も頭をよぎりました…。

失礼しました。
終わった事はまぁ良しとして、次の2-Bを進めて行きます。

願わくば、今度の2-Bはすんなりクリアさせて貰える事を願っています。

2021/04/11

テクニック側、レベル1クリア。そして…

少し時間が空いてしまいましたが、無事にテクニック側もレベル1をクリアしました🎵

凄く詰まった…という覚えはあまりないのですが、初見で一発クリアというのは前半だけで、後半はやはり何回か繰り返しました。
とはいっても、ほぼ全て5回以内の繰り返しでクリアしてるので、メソッド側の効果が出ているのかも知れませんね。

テクニック側、1-Eクリア
 

嫌らしいのは音符が隠されている曲を弾くトレーニング。
音感トレーニングという名前のトレーニングなのですが、これが中々嫌らしい…。
稀に1度でクリアすることもありますが、一度間違え間違えやって、答えを見ないと中々正しい音を抑えるのは難しかったですね…。

音符が?で表示されない。初見でどうしろと…

なお良い事と言えば、レベル1から左手も右手もまんべんなく使うので、左手の苦手意識は随分解消された気がします。とはいえ、コードを抑えるのではなくメロディを引いているので、コードとなればまた少し違うのでしょうけど…。


さてこれからの進め方で少し悩んでるのが、メソッドとテクニックの進め方ですね。

交互にやるのが良いのか、メソッドだけ通してクリアしてから、テクニックをクリアする方が良いのか…。レベル1は後者でやってみたのですが、もしかしたら前者でも良いかも知れません。
メソッド2-A、テクニック2-A、メソッド2-B、テクニック2-Bのような感じで交互に進める方法ですね。

あ、そか。このブログ的にはまとめてクリアした方が、記事にしやすいか…💦


後は、今まではお試しという事で、1ヶ月間無料のアカウントでやっていましたが、レベル1をクリアした事をきっかけに、有料アカウントに切り替えました。レベル2以降は有料アカウントじゃないとプレイ出来ないという事と、このアプリ自体を個人的にかなり気に入ったからですね。勿論、粗を探せば気になる所は沢山あるのですが、全体的には良くできていると思います。引き続きこのアプリを使いたいと思いましたし、上達するんじゃないか…そう思えたのも確かですね。

なお月謝のような月額課金と年一括払いがあり、年払いの方が月額換算すると少々お得です。私は少々悩んだのですが、思いきって年払いを選択しました。

だって、1年チャレンジとした方が、響きも良いじゃないですかw

1年で全て終えられるとは思っていないですし、仮に終わったとしたらそれはそれで素晴らしい。ここはケチケチしないでこれからの意気込み込みで年払いです!?


という事で、次はいよいよレベル2。もっと本格的なレッスンに入ると思います。
楽しんでやれるよう、引き続き頑張ります🎵

2021/03/28

メソッド側 レベル1クリア!

ピアノマーベルを始めて約1週間。お陰様で1-Eをクリアしました。

私の各セクションの進め方は、完全100%になるまで次のセクションに進まないというちょっとハード(?)なもの。要はノーミスですね。1ミスでもあると98%等に下がってしまうので、結構歯ごたえがあります。

こんな進め方なので、1-Aから始めたのですが、簡単だな…と感じたのは1-Bぐらいまで。そこから先はそれなりに詰まる所もあり、ミスを連発する所もあり…。

ただ、しんどい事はしんどいのですが、始める前にそのセクションの紹介ビデオを確認し、 その後チャレンジ。一回で突破する事は少なくても、2度3度チャレンジすれば確実にクリアできるので、今暫くはこの進め方で進めてみようと思います。

(中には 10回以上チャレンジした曲もありましたけど…💦)

メソッド側、1-Eクリア
 

なお、ピアノマーベルは安価なMIDIキーボードでチャレンジできるのも良い所ですね。ただ、鍵盤の数は少々関係ありそうです。私は61鍵のキーボードを使用していますが、1-Eまででしたら全然問題ありませんでした。ですが先のレベルに進むと、61鍵でも少々鍵盤の数が足りなくなる…そんな事もあるのかも知れませんね…。

なお1セクションにかかる時間ですが、凡そ平均すると1時間ぐらいの時間が掛かりました。ただ詰まらない事は無いでしょうし、2時間ぐらい詰まったセクションもありましたので、仕事をしている関係上、平日には1セクション進めるのが限界かも知れません。
セクション側で30、テクニック側で30、最短で60日でクリア…というのが理想的なペースですが…まぁそんな簡単には行かないでしょうね…💦

今まではメソッド側の1-Aから1-Eまでチャレンジしました。次はテクニック側にチャレンジです。

テクニック側、1-Aチャレンジ

画面の下側のボタンを操作すると、メソッド側からテクニック側に変わります。
メソッド側と同じような感覚で進められるのか、難易度はどの程度違うのか、時間はどの位かかるのか等々色々気になりますが、次回で色々ご報告出来ると思います。

引き続き、宜しくお願いします。

2021/03/22

ピアノマーベルを始めました

先日出した目標設定…。色々書いたのですが、
今日は「3:鍵盤が多少弾けるようになりたい」という事についてです。

以前にも多少書いたのですが、若い頃ギターやベースを多少嗜んだのもあり、生演奏は凄く好きで、所謂打ち込みだけをやりたくてDTMを始めたのではありません。折角やるなら多少でもキーボードが弾けるようになりたいな…とは思っています。

とは言え、今更何を目指すわけでもなく、自己満足も自己満足、折角DTMや鍵盤をやるならば…という感覚ですけど。

 いや…少し違うな…。折角なら老後のボケ防止にもなれば良い…そうも思ってますね…💦w

とは言え、若い頃の様に時間が無尽蔵にあるわけでもないので、好きな曲をひたすらコピーするという原始的な上達方法は流石に苦しいと思っていて、もっと効率的に上達する方法を探していました。

…ありました、ピアノ上達アプリ。アプリを利用する方法。

 ピアノマーベル

ピアノマーベルっていうアプリです。ネット上では結構評判良いみたいですね。 

そうそう、こういうのが良いのです。何となくゲーム感覚で楽しめる感じが。このアプリをガチでやっている人には少々申し訳ないのですが、私は少々歳も歳なので、緩い感覚で取り組めそうな所にも惹かれました。

まぁそれなりにモノになれば嬉しい。ならなくても老後のボケ防止に多少弾けるようになれば…という感じ(2度目

いきなり本課金でも良かったのですが、30日間の無料体験があるならまずはそれと、無料コースでお試し、アカウントを作り早速始めてみました。

レベルが1~6,その各レベルに5段階のセクション、さらに1セクションに20のエクササイズがあり、ボリュームは相当なものです。1-A-18とか3-E-6とかそんな感じです。

あと地味に嬉しいのは、1セクションをクリアするとトロフィーが飾られるのです。これはやる気になりますね。

あ、どうやら無料体験で出来るのはレベル1までだと。まぁアプリの出来を判断するには十分すぎますね。

という事で、鍵盤初心者の私が早速1-A-1~20までやってみました。結果は…。

 1-Aクリア

無事に1-Aクリア。各課題曲は全て100%(ノーミス)で次に進み、凡そ40分ぐらいでした。この辺りは全然簡単なので、誰でも(もしかしたらもっと楽に)クリアできると思いますね。
早速次のセクションへ…と思ったのですが、今夜は時間がここまで。また明日の楽しみにしようかと思います。

人によると思うのですが、私はこのアプリ中々気に入りました。

日頃の仕事のストレスが、こういう小さい達成感で紛れる気がして、早速課金しようかと思ってしまう位…w

また暫くピアノマーベルの話が続くと思いますが、宜しくお願い致します。

2021/03/14

DTMを効率的に進めるべく、ワークフロー構築中…

少し間が空いてしまいすみません…。
次は何とか1曲また形にしたいと、 色々試行錯誤していました。

前回のエントリーにも書きましたが、簡単な原曲を複雑なアレンジにしていくのは機材もテクニックも時間も足りない…。
時間を掛ければ掛けるほど情熱も失せていくので、逆の発想…複雑な曲を簡単なアレンジにして行きたいと思います。

成功体験を重ねないと、(私にとって)こんな難しい趣味は直ぐに投げ出してしまいそうですしね…💦

という事で、何をやるか?の部分になるのですが、私が好きなのは所謂ゲームミュージック、もしくはHR/HM、懐かしいJPOPS(JROCK)この辺りです。

この中で、ゲームミュージックはそもそも楽譜の入手性が悪い…。HR/HMやJPOPS辺りが、入手性も良く安価で手に入りそうです。色々考えた結果、この楽譜を手に入れたのでした。

 TM NETWORK BEST SONGS(廃版)

古い楽譜ですね…当然ながら新品では手に入らず、久しぶりにヤフオクを使いました。

若い頃、長い間どハマりしていたTM NETWORKの曲。機会があれば是非チャレンジしてみたいと思っていたので、良い機会だしチャレンジしてみるべきだろうと。

凄く有名なグループですし、通常の楽譜(スコア)も勿論あるのですが、今回はあえてピアノ弾き語りの楽譜にしました。
これには理由があって、最初から簡単なアレンジにされているピアノ弾き語りの楽譜なら、複雑なアレンジから簡単なアレンジに変更する手間もなく、もっと楽曲構成や打込みに時間を割けるのでは…との思いからでした。

まぁ実の所、簡単なアレンジに変更するようなスキルが、まだまだ全然足りないというのが本音の所なのですが…💦

という事で、手に入れた楽譜を早速PDF化しに秋葉原の某店舗へ。
ここでこの楽譜をPDF化し、ターゲットの曲をプリントアウト。何でも楽譜に書き込める状態にしました。

 楽譜に色々書き込めないと、作業の進みが悪い…

自分なりのやり方を少しずつ探っている最中で、もっと良いやり方がいずれ出来るようになると思うのですが、まだまだ不慣れな打込み作業、今はこれが最良かな…。

さて準備は完了。これから本格的に打ち込んで行きます。